MENU

過払い請求を弁護士に依頼したときの費用は

過払い請求を弁護士に依頼されると各貸金業者に受任通知を発送します。何処から借りていたか忘れてしまった場合でも信用情報機関で開示請求すれば分かるので大丈夫です。まだ返済中の借金がある方は取り立てがストップします。ご本人で過払い請求の手続きを開始しても取り立てのストップは出来ないです。
その後に貸金業者から届いた取引履歴を元に15%から20%の法定金利にて引き直し計算を行いいくら過払い金があるか算出します。弁護士が過払い請求書発送し各貸金業者と返還交渉を行います。返還に応じた場合は合意書を取り交わし、返還に応じない場合は訴訟を起こすお手伝いを行います。過払い請求後にきちんと返還されるかチェックを行います。過払い請求での弁護士費用は相談料、着手金、報酬金と主に3つの項目があります。相談料は30分で5000円が基本ですが初回無料や債務に関するご相談は何度でも無料と言う事務所が岡山市でも多く見られます。着手金は4万円ほどがかかりますが着手金を頂く事務所、キャンペーンで無料にする事務所、最初から着手金を頂かない事務所とあります。報酬金は過払い請求で戻ってきた金額に対して20%ほどがかかります。訴訟を起こした場合は27%ほどと割合が高くなります。相談料と着手金が無料であれば後は報酬金のお支払のみで済みます。報酬金についてはご本人で費用の持ち出しはありませんので戻ってくる金額より報酬金の方が高くなると言う心配は無いです。岡山市にもある弁護士事務所で無料相談を受けるときに費用の見積もりが貰えますので納得してから過払い請求を依頼することが可能です。

借金返済 債務整理